サイドワインダー用のスパーギア

サイドワインダー用のスパーギア

もうblog自体何年ぶりか忘れてしまいましたが、
サイトのリニューアルに合わせてblogも少しずつ再開してきます。

よろしければお付き合いください。

---------------------------------------------------

リニューアル1回目は
『サイドワインダー用のスパーギア』について

『1/32スロットカーではスパーギアのサイズは2種類ある』

NSRやslot.itのサイドワインダー用スパーギアって直径が2種類ラインナップされています。
slot.itだとΦ18mmとΦ19mm、NSRの場合はΦ17.5mm、Φ18.5mm。
(基本的に小さい方同士は使い方は同じ)

なぜ大きさ(直径)が2種類用意されているか。というと、
メーカーによって使っているスパーギアが違うから。です。

ScalextricやFLYはΦ19mm(18.5mm)を使い、
slot.itやNSR、ProSlotなどはΦ18mm(17.5mm)を使う。
といった具合に使い分けます。

元々はΦ19mmが多数派だったのですが、
ProSlotのパーツを作り始めたslot.itによってΦ18mmも同様に一般的になりました。

(ちなみにslot.itは以前、Φ19mmスパーギア用のモーターマウントもラインナップしていました)

『じゃあどっちがいいのか?』

といってもメーカー毎に使えるサイズが異なるので、
使う側に選択肢があるわけではありませんが、
一応、それぞれのメリット(デメリット)をまとめてみましょう。

大きいサイズ(FLYやScalextric)だと、
歯数を増やすことができるのでローギアード(加速やブレーキを重視する)のギア比を選ぶことができます。
大きいタイヤを使っても軽快に走らせたり、「ブレーキが長い」ということが少なくなることがメリットです。

反対に小さいサイズ(slot.itやNSR)の場合は、
ギアのサイズを小さくできるので、使えるタイヤサイズも小さくできます。
(当然ですが、)ギアよりタイヤが小さいとタイヤが路面につかない。となってしまうので、タイヤサイズの選択肢が増えるわけです。
(このような理由から旧車などの小さいクルマはインラインが多い)

と、いうことで。

ギア比の変更などの場合はクルマ(メーカー)にあったスパーギアをお選びください。

slot.itのカタログから。
Φ18mm(左側)の方がラインナップが多いですね。

 

Back to blog

Leave a comment

Please note, comments need to be approved before they are published.